• 脳も反射神経も筋力も、老齢になれば衰える。受け入れる勇気を。
    齋藤健一に恩を返そう!

    齋藤健一が作ったサイト⇩
    🍰めぞん一刻QUEST❤幸せ涙
    🍦音無響子の無理をしない生き方
    🚙齋藤健一の交通安全講座
    🚗齋藤健一の危険運転糾弾
    🗾日月神示 さいとうけんいち訳
    💴齋藤健一のアフィリエイト

    齋藤健一が作った面白い話⇩
    🤩[面白い話]シリーズの更新情報
    🤩妄想編 🤩思考編 🤩博識編 🤩お笑い編 🤩学問編 🤩ネタバレ編 🤩クイズ編 🤩創作編 🤩物語編 🤩歌編 🤩日常編 🤩発案編 🤩試験編 🤩歴史編 🤩商売編 🤩解説編 🤩予言解析編 🤩汎用編 🤩小説編 🤩改変編 🤩夢編 🤩挑戦編 🤩鑑定編 🤩英語編 🤩適当編 🤩訴訟編 🤩風水編 🤩占い編 🤩法律編 🤩資産運用編 🤩新商品開発編 🤩進化論編 🤩人生相談編 🤩食べ歩き編 🤩究極の美食編 🤩書評編 🤩ガイド編 🤩ことわざ編 🤩初心者入門講座編 🤩アドバイス編 🤩商品紹介編 🤩脳内変換編 🤩ライトノベル編

    [サイト管理人の齋藤健一からのお願い]俺の願いは、まともに運転する能力の無くなった高齢者全員に免許返納してもらうことだ。しかし、それは自由意志だ。命令することは出来ない。だが、民間の自動車保険の対人・対物無制限賠償だけは絶対に加入して欲しい。そうすれば、あなたが人や店舗に突っ込んで相手に多大なる損害を与えたとしても、保険会社が保険金を相手側に支払えるから。あなたの危険運転に殺された挙句、被害者の遺族には全く賠償金が支払われないなんて、或いは雀の涙程度の賠償金しか支払われないなんて、あまりにも無責任過ぎると思いませんか?例えば、あなたの家が放火で燃やされて、犯人が何の賠償もしないとなったら、あなたは怒りませんか?通り魔があなたの腹を刃物で刺して、あなたは長期入院する羽目になり、多額の治療費が掛かったのに、犯人からは全く賠償金が支払われなかったとしたら、最悪だと思いませんか?それと同じことなのです。あなたの運転ミスの結果、被害者になった人、殺してしまった場合は遺族を、せめて金銭面で救う為にも、絶対に民間の保険会社の対人・対物無制限賠償は入ってください。あなたが事故を起こした結果、自賠責保険のみの支払いでは到底足りない賠償金になるかもしれないから。民間の自動車保険料を支払う余裕がないと言うのなら、もう運転するな。その程度の必要経費を支払えないのなら、もう車を売り払って隠居しろ。飯塚幸三は87歳で死亡事故を起こしたが、前年の86歳の時点で車を売り払って、バスとかタクシーを利用する生活に切り替えておれば、人生の終盤で人殺しにもならなかったのだから。まあ、86歳で免許返納でも遅過ぎますけどね。とにかく、絶対に民間の自動車保険の対人・対物無制限賠償には加入してください!その為に、安く加入できる民間の自動車保険一括見積の案内を以下に載せるから↓

    [広告]バイク・自動車保険一括見積り【CLICK】
    [広告]他人の車を運転するなら一日自動車保険加入必須!【CLICK】

    もしも運転免許を返納して車を売却する意思があるのなら、こちらに売却先を紹介しておきます↓

    [広告]クルマの買い取り【CLICK】
    [広告]事故車及び廃車の買い取り【CLICK】

    危険運転する高齢者に、事故を起こす前に運転を止めさせるバナー


    高齢者ドライバーに、自らの衰えを自覚するように促す画像

    【交通事故学】石田敏郎[新潮新書 2013年出版]20頁より抜粋

    人間の反応時間が最も速いのは20歳代で、それ以降少しずつ遅れだす。もちろん個人差があるが、40歳では20~30%、60歳になると倍近くも遅れてしまう。

     車が早く止まるにはブレーキ反応時間が特に重要である。路上の一般ドライバーの反応時間を測定した実験では、最も頻度が多かったのは0.6秒、平均値は0.7秒で、中には2秒かかる人もいた。普通は1秒程度と考えられるが、反応が遅ければそれだけ停止距離が延びる。乾燥した路面を時速40キロで走行中、反応時間0.7秒でブレーキを踏むと全制動距離は18.3m、うち7.8mが空走距離になる。時速100キロなら20m近く空走してしまう。

     事故データにもとづいた研究によると、ドライバーが危険を認知してから回避操作を行うまでの時間を0.5秒減らせば、追突事故の60%、交差点事故の50%、正面衝突の30%を減らすことができる。1秒減らせば、追突事故と交差点事故の90%以上、正面衝突の60%以上を回避できるという。

     しかし、そう簡単にはいかない。単純反応はあらかじめ決められた一つの信号への反応で、いくつかの信号の中から対応した信号を選択・判断する反応を「選択反応」という。選択反応時間-単純反応時間=判断に要する時間。つまり、その人の情報処理能力といえる。

    高齢ドライバー反応速度グランプリ


     ジジイやババアになっているのに運転を続けている老人の皆さん、こんにちは。早くあの世に行ってください。

     ということで、このサイトは、そんな糞ボケドライバーの老害さん達が、誰かを轢き殺したり、障害者にしてしまうような大変な交通事故を起こす前に、運転免許を返納させることを目標として、齋藤健一が作りました。

     という訳で、とっとと運転免許を返納しろやボケ!お前が火葬される前に、まだまだ生きられる若い命を、てめえの危険運転で殺して葬儀場送りにするんじゃねえ!

    齋藤健一の交通安全講座へ

    齋藤健一の危険運転糾弾へ

     あと、お前が運転することは止められない。俺はスターリンみたいな権力は微塵もないからな。でも、これだけは絶対にしろ!それは、お前が人身事故や物損事故を起こした時に、相手方にきちんとした補償がなされるように、民間の自動車保険の対人・対物無制限賠償にだけはちゃんと加入しておけよ!

     無保険で平気で運転している老害ほど危ないものはない。マジで走るエボラ出血熱だろ。そんな糞野郎に関わったら、被害者の人生は破綻・破滅しちゃうよ!だから、絶対に、民間の自動車保険の対人・対物無制限賠償には加入しろ!

     「金がない」とか言う野郎は、とっとと死んでくれ。民間の自動車保険に加入する金がないのなら、自動車に乗るな。そして、とっとと死んであの世へ行け。


    運転免許を自主返納した老人と、暴走事故を起こした老人

    池袋暴走事故を起こした飯塚幸三に轢き殺された母子の写真

    高齢者の運転による死亡事故を無くす衝撃のポスター

    危険運転を繰り返す高齢者に運転免許を返納させる画像

    老人が起こした高速道路逆走事故に対する警告

    高齢者(老人)に運転免許の返納を決意させる画像

    身内に[免許返納を拒み続けるボケ老人]がいる人へ

    昔、歌手のダイヤモンドユカイさんのネット記事を読みました。それは、こういう内容でした。ダイヤモンドユカイさんのお母さんは90歳で亡くなったが、その五年前の85歳までは車を乗りまくっていたとさ。嫌々仕方なく運転していたのではなく、運転自体を楽しんでいたらしい。まあ、運転を楽しむくらいの高齢者なので、若い頃は普通に運転出来ていたらしい。だが、その母親が70代後半の時に、ダイヤモンドユカイさんは、「あれ、大丈夫かな?」と不安を感じたらしい。それは、実家に帰った時に、車が一部凹んでいたのだ。で、ユカイさんが母親に聞いたら、「ぶつけられた」と母親は答えた。でも、その時、ユカイさんは、母親自身でどこかにぶつけたのではないかと、一抹の不安を感じたらしい。で、その時に、「そろそろ免許は返納していいんじゃない?」と聞いた。その母親は、別に車が無くても十分に暮らせる地域の住民だったので、それも含めて説得した。でも、母親は「は、あんた、何言ってるの?」と一言吐き捨て、まるで話にならないという感じだったらしい。で、その時は引き下がった。しかし、その後も実家に帰る度に「運転を止めろ」とユカイさんが説得するも、母親は「やめない」の繰り返しだったらしい。で、とうとう母親が「わかった。じゃあ、あと1年したらやめるわ」と言ったとさ。その言葉をユカイさんは信じて、一年ジっと我慢した。で、その間も高齢者が起こした事故のニュースが頻繁に放送されていたので不安だったが、あともう少しの辛抱だと思い、母親の前で車の話は一切しなかったらしい。で、一年経過後、「一年たったよ」と言ったら、「あら、まだ大丈夫よ」と平然と言ったらしい。まあ、こんなもんでしょ。約束を破ったら拷問を受けて四肢切断されて目玉くりぬかれるような冷酷なことをすると分かり切っている相手ではなく、自分に何の危害も加えないことが分かり切っている息子相手の口約束なんて、平気で破るに決まっている。だって、その口約束を破っても、何の罰則も受けないのだから。まあ、この[一年経ったら運転をやめる]という約束は、その一年間、息子に口出しさせない為の口実だったのだとさ。その時、ユカイさんは、「ああ、この人は運転をやめる気はまったくなかったんだ」と思ったとさ。で、最初に免許返納の話をしてから、もう何年も経過したのに、全く進展しなかった。で、ある日、実家に帰ったら、母親の車のドアの部分が大きく凹んでいた。「ぶつけたの?」と聞くと、「向こうがぶつかってきた」と、自分がぶつけたことを嘘をついて頑なに認めようとしなかったらしい。で、また別の日に実家に帰ったら、また新しい小さな傷がクルマの前の方についていた。で、その時にユカイさんは、「これ目立つよ、直さないとまずいんじゃない?知り合いで安く直せるところがあるから、ちょっと修理に出してくるよ」と言って、車を持ち出した。でも、ユカイさんはその車を直すつもりも、家に戻すつもりもなかった。そう、母親を騙して車を取り上げたのでした。で、そのまま母親の車は処分した。でも、母親はそのことを知ると、「じゃあ、新しいクルマを買うわ。お金は持っているから」と言ったらしい。で、その言葉を聞いたユカイさんは慌てて、近所のディーラーに片っ端から連絡をとって事情を話し、「車を売らないでください」と電話をかけまくったらしい。あと、母親の友人や親戚にも連絡して、母親が新しいクルマを購入することを手助けしないように懇願したらしい。で、本当に母親は新しいクルマを買う為に近所のディーラー数軒に電話をしたが、事前にユカイさんから連絡を受けていたディーラーから断られたので、やっと諦めたらしい。そして、免許返納にはユカイさんが付き添った。タクシー券と、運転免許証に代わる身分証明書を手にして漸く渋々納得したとさ。最初に免許返納を持ちかけてから五年後のことだった。まあ、ユカイさん曰く、「鉄人のおふくろでさえ86歳が運転のリミット(限界)でした。でも本当はもっと早い時期に何とかすべきだった。同じような悩みを抱えている皆さん、「親が自分の衰えを自覚し自ら返納してくれる」ことを夢見て、ズルズルと決断を先延ばししては駄目です。人は老いれば判断力は衰えてくるし、欲も深くなってくる。免許を手放さないのが普通の姿なのです。だから、こっちが鬼にならないといけない。親を親と思うな、それが親のためだ。この経験が、少しでもみなさんのお役に立つといいなあ」だってさ。

    [齋藤健一の親はどうなのか?]に対する返答

    さて、ここで、当サイトの管理人である齋藤健一の齋藤家の現状はどうなのか?についてお話します。今(2020年)、私は実家に住んでいます。本当は一人暮らししたいけど、月収12万円とかだし、20日働いても15万円だし、サイト維持費も掛かるし、軽自動車の維持費も掛かるので、とてもじゃないが一人暮らしは不可能です。「38歳にもなって恥ずかしくないのか?」と言うだろうけど、そりゃ、恥ずかしい。でも、しょうがない。金が無いんだから。この世は何でも金であり、金が無いと一人暮らしは不可能だ。マジで。そこはスパッと回答します。無理っス。現状は。で、俺の実家の住民は、父親、母親、俺です。で、免許保持者は父親と俺です。で、父親は70代前半位だったと思うが。でも、もうけっこう衰えている。運転技能が衰えているのに、けっこう幅も全長もでかいクルマに乗っている。まあ、数年前だか一年前だかもう忘れたが、路駐してある車にぶつけたこともあるらしい。まあ、全然話さないから知らねーけど。母親経由で聞いただけ。けっこう危ない運転もするらしい。母親経由で聞いたけど。で、これらの話を聞いて、「おい、危ないじゃねえか!お前がとっとと免許返納させろ!」と言う人もいるでしょう。しかし、そいつは頑固で凶暴な親がいる人の気持ちが全く分かっていない。私の父親は狂暴なの。自分の意に沿わないことがあれば直ぐに怒鳴る。友達一人もいない。普段、一日中、ネットでユーチューブを見まくって、韓国人を馬鹿にする動画を見まくっているのです。韓国人とか中国人が反日するような内容のテレビ放送に向かって、罵詈雑言を浴びせたり。夜中の一時とか二時でも、韓国人を馬鹿にする動画をユーチューブで見てボケーっと居間に大音量でその音を流し続けるような人物なのです。で、まだ俺がたしか小学生の頃、母親が仕事から帰宅したら家族一緒に旅行に出かける予定だったのだが、少し約束の時間に遅れたというだけで、母親の代わりに祖母を乗せて、母親を乗せずにそのまま数泊の旅行に行った。その位、キチガイなのです。頭がおかしい。なので、私が何を言っても効く耳は持たない。無理。つーか、俺も金が無くて実家に住んでいる以上、何も言えません。無理。テレビのコメンテーターの奴らは理想的なことばかり言うけれど、そんなの無理やん。以前、朝のニュース番組の司会者の小倉智昭が、どの病院も患者を中々受け入れずにたらい回しにしているというニュースに対して、医療関係者に対して辛辣なコメントをしていたが、その話を聞いた現役の看護師の人が、「小倉は何も分かっていない。一度受け入れたら、その病院の責任になってしまうの。でも、受け入れ態勢が無いのだから受け入れられないの!」と怒っていた。マジで現状を知らない、その事態を未経験の奴らはお花畑の理想郷みたいな話しかせん。家系の力で楽して国会議員になれた小泉進次郎も、2020年の新型コロナウイルス騒動の時に環境大臣やっとるが、「ゴミ収集してくれている作業員の皆さんに感謝する為に、ゴミ袋にペンで感謝の言葉を書こう」なんて言っとったぞ。マジで賃金を貰う肉体労働を全くやったことがない奴の発想だわ。まあ、自宅の庭の土いじり等の肉体労働はやったことがあるかもしれないけどさ。金を貰う肉体労働者は、マジで、そんなゴミ袋に書いた感謝の言葉とか、そーいうのいらねーから。俺は家庭ごみのごみ収集はしたことはないが、海岸清掃のごみ収集は期間雇用で累計2年程度したことがあるから。んで、どんどんトラックに燃えるゴミが一杯に詰まったゴミ袋とかプラゴミが一杯に詰まったゴミ袋とかを積んで行かなきゃならないのに、そんな一々、袋の側面なんて見ねーし。何か文字が書いてあったら気になるし、一々確認しなければならないので、作業の邪魔だし。マジでめーわくだわ。進次郎くんは肉体労働の流れ作業が全く分かってねーよ。それと同じで、みんな、俺の父親は危ないから免許返納をさせろ!と言うかもしれないが、どーしようもありません。無理っス。言うことなんて絶対に聞かない。だから、まあ、死亡事故とか重大事故を起こして漸く免許返納するという飯塚幸三コースになっちゃうかもね。だって、しょーがないもの。赤の他人は誰も俺の父親に免許返納させる行動はしないし、俺も無理だし。父親の方に金があり、俺には金が無いのだから。それだけでも力関係はハッキリしてしまっている。せめて俺が金持ちならなぁ。でも、今の俺は年収150万円位です。コロナウイルス騒動で、今年の年収は100万円位になっちゃうかもね。弱小人間なのです。だから、無理。ダイヤモンドユカイさんみたいに母親を力づくで免許返納させるというのは無理っス。だからこそ、この齋藤健一は、赤の他人であるあなた方が悩んでいる悩み、[身内に傲慢で頑迷な高齢ドライバーがいる]という悩みはよく分かります。どーせ言っても無理でしょ?俺の父親と同じで、言っても無理でしょ?分かるよ。無理だから。ダイヤモンドユカイさんの母親も、あれだけ実力行使して漸く渋々免許返納したのだから。あれ、ユカイさんが何もしなければ、きっと寿命が続く限り、百歳になっても運転を続けていたタイプだよな。まあ、どうせ警察は甘いので、どーせボケてても運転免許を更新させてあげちゃうからな。だって、無免許なのに運転して事故を起こした老人のニュースではなく、しっかり運転免許を所持しているのに馬鹿げた操作ミスで事故を起こしているのだからな。つまり、それは、ぼけ老人でも免許を所持し続けていたということの証左だからな。無理。あなたが、あなたの家族であるぼけ老人に何度も「おじいちゃん(或いはおばあちゃん)、もういい加減、運転免許を返納してちょーだい」と言っても、無理っしょ。女子高校生を二人撥ねて、一人死亡、一人重体にした川端清勝の家族も、事故が起きるずっと前から、清勝に対して、運転を止めるように何度も何度も繰り返し注意していたのだ。でも、清勝は職人気質なので、一向に聞かなかった。で、とうとう死亡事故を起こしたとさ。だから、俺は清勝の家族を責めるつもりはない。だって、キツく言っても無理なことは、自分にキチガイの父親がいるのでよく分かるからな。無理です。なので、家族がどうこう言っても無理なの。だからこそ、逆に、赤の他人が説得する方が効果がある。なぜなら、家族だと、それまでの一家が築いてきた歴史があるからな。清勝の家だと、清勝が職人として稼いで家族を養ってきたという経歴があるので、清勝自身が老人になった今でも力関係は清勝が頂点であり、本人もそう認識していたので、自分よりも下の力しかない息子とか孫とかがいくら説得しても効く耳を持たなかったというのは容易に想像できる。まあ、徳川家康が将軍職を息子に譲っても、相変わらず家康が幕府の最高権力者であることは変わりはない。なぜなら、家康の功績で徳川幕府が成立したのだからな。規模こそ違うがそれと同じことだ。各家庭においては、老人がその家の長なのだから、力関係は変わらない。ダイヤモンドユカイさんの母親も、ユカイさんがいくら免許返納を勧めても、力関係においては、ユカイさんを生んで育てたのは母親なのだから、自分がユカイさんよりも上なのだと認識していた。だから、ユカイさんの言葉を舐めまくった。だが、これが逆に赤の他人なら、全然親しくない間柄だし、恩義の関係も一切ないので、こっちの方が聞くと思うし、効力もあると思う。だから、俺なら、川端清勝に対して何の恩もねーし、ダイヤモンドユカイさんの母親に対しても、別に俺の母親じゃねーから、ズカズカと畳の部屋に土足で上がり込むが如く暴言を平気で言えます。まあ、俺の父親は無理です。俺の父親に対しては、俺の父親と俺とは力関係があるから。恩義の関係が構築されているから。なので、何も言えません。だから、もう、事故が起きない方が良いに決まっているが、もしかしたら事故が起きるかもしれない。でも、たとえ事故が起きたとしても、どーしよーもない。後悔もしない。あの時あーしていれば、とかいうのも、無理だと分かり切っているので、思わない。だって、実家に住んで親に経済的に依存している齋藤健一が、その父親に意見することなど不可能だから。キチガイだしね。う~んとね、だからこそ、俺は、俺以外の[身内に頑迷なぼけ老人がいて困っている人]に対して、当サイトを作り上げた。故に、まあ、ボケ高齢ドライバー本人が自主的に見る為でもあるのだが、それ以上に、ボケ高齢ドライバーの家族が当サイトをボケ高齢ドライバーに見せて、そのボケ高齢ドライバーに衝撃を与えて、自主的に免許返納を促すということに、より重きを置いております。流石に、グロい子供の轢死死体なんぞ見せれば、いくら脳が衰えているといっても、その位は分かるだろ。だから、どしどし、当サイトを高齢ドライバーに見せろ。そして恐怖させろ。北風と太陽の話の通り、いくら身内が「危ないから運転免許返納しなよ」と言っても、無理。百万回お経みたいに述べても無理。そもそも、耳が遠いから何も聞こえないから。でも、グロい交通事故による死体を見せれば、視力はまだ健在だろうから、どんなぼけ老人であろうとも、分かるだろ。だから、見せろ。とにかく、ビビらせる材料として、当サイトを活用しろ。言っても分からないボケ高齢ドライバー共には、最悪の結果を見せろ。つまり、当サイトを見せろ。そうすれば、その日の内に免許返納せずとも、必ずボディブローの如くゆらゆらと決意が揺らぐ筈だから。近い内に免許返納するだろう。

    齋藤健一からのお願い!

    齋藤健一に恩を感じたら、その謝意・誠意を金額で示して、[お金の振込]か[アマゾン欲しいものリスト]でくれ!

    寄付の総合案内

    ⇩アマゾン欲しいものリストは匿名で送る方法があります。詳しくは[アマゾン欲しいものリスト 匿名で送る方法]で検索してください。よろしくお願いします。

    アマゾン欲しいものリスト



    齋藤健一へ恩返しをしよう!